製品の特性に大きな影響を与えるのが材料選択となります。材料によって加工方法も選定をしていかなければなりません。しっかりとした材料選定をすることで加工品の精度、生産性を上げることに繋がります。また材料自体の入手性の問題もあり試作では使用できたが、量産時はコストが合わないなど費用の部分でも重要となります。

金属

アルミニュウム

ステンレス

チタン

真鍮・銅

鋼・スチール

炭素鋼

その他

樹脂