真鍮の特徴


 

 真鍮の特徴

 

真鍮は様々な性質をもっており、最先端産業からアクセサリーや日用品になどに使われるなど日常生活まで幅広いシーンで活躍する優れた素材の一つです。金のような美しい輝きを持つ金属でもあります。また、真鍮は銅と亜鉛の合金で特に亜鉛が20%以上のものをいい、一般的に亜鉛の割合が多くなるにつれて色が薄くなったり、少なくなるにつれて赤みを帯びます。つまり、配合の割合や与える熱によって色が変わります。今回は研究部品の素材など多岐に使われている真鍮の用途と特徴についてご紹介致します。

電流が流れやすい


銅と亜鉛の合金である真鍮は、合金の中でも電気伝導性が高いのが特徴です。電気伝導性が高いということは電流が流れやすいということなので、真鍮はコネクターやコンセントといった接続器などの素材として使用されています。

加熱によって複雑な形状ができる


真鍮は熱間鍛造性に優れています。熱間鍛造とは歪んだ結晶に変化する「再結晶温度」以上に熱した金属に対して行う加工のことです。熱間鍛造性に優れている真鍮は、加熱によって複雑な形状にも容易に加工できます。真鍮の熱間鍛造性を活かしてか加工したもので代表的なのは、ガスコンロのバーナーヘッドが挙げられます。

薄く広げる・細かく伸ばすことができる


真鍮は展延性に優れており、材料が破損せずに柔軟に変形することができます。また、展延性は展性と遠征の2つに分けられます。展性は圧縮する力を加えた際に薄いシート状に成型できる性質、延性は引っ張る力を加えた際に細かく引きのばせる性質のことです。この2つに優れた真鍮は、薄く広げたり、細かく伸ばしたりする加工ができます。この特徴により、日常でなかなか使用される頻度が高く、身近な存在である5円硬貨のほか、金管楽器、水洗トイレの給水管、スパッド接続部品などに使用されています。また、黄金色に輝く美しい見た目から、ネックレスなどのアクセサリーに使用されるケースも多くあります。純銅よりアンティークな雰囲気をもっているのも特徴です。

 

切削加工しやすい


真鍮には鉛やビスマスが含まれており、被削性が高いです。被削性が高い真鍮は高度な精密加工が必要な部品の素材としても使用されており、時計などの精密部品やボルト、ナットなどは真鍮の被削性を利用したものです。また、極微量作用といって、わずかな量で驚くほどの殺菌作用があるため、ドアハンドルや引手などに使用されているほど衛生にも優れています。

まとめ


冒頭でご紹介した5円硬貨、金管楽器や接続器などの用途以外に理化学器械類や鉄道模型などの素材、弾薬の薬莢や金属模型などに幅広く使われています。また、真鍮は金に似た美しい黄金の光沢を放つことから、昔から金の代用品にもされ、貧者のものとも呼ばれています。特に日本では古くから仏具や楽器、時代劇においてよく使用されている小判も真鍮製のものが多く、日本人にとってはとてもなじみのあるものではないかと思います。今回は真鍮の特徴と用途についてご紹介しました。弊社では真鍮のプレートから部品、ネジまで加工が可能です試作小ロット製作から量産まで、『高品質』『短納期』『低コスト』で対応しております。岐阜精器ではお客様の製造・開発品に必要な金属加工部品、樹脂加工部品の生産・調達を行っています。電子機器の小型化、高機能化が進むなか、そこに必要とされる部品加工の難易度も高くなっています。アルミ加工、ステンレス加工など様々な金属加工は岐阜精器にお任せください。

 

お問い合わせはこちら

Instagram @gifuseiki