USB Type-Cシェル4順送型による絞り加工/プレス・金型製作

USB Type-C とは

USB Type-Cコネクタは上下左右対称なデザインを採用、コネクタの挿し込み口がリバーシブルになり、どちらの向きでも挿し込むことができる形状です。従来のUSB Aコネクタで頻繁に起こっていた、「実は上下反対向きだったため挿さらない」という問題は、Type-Cコネクタでは起こりません。

次世代USBを支える重要技術 〜シームレスシェル〜

岐阜精器工業はUSB3.1-TYPE C のプラグ部分の【SHELL】を絞り加工で試作・量産する事が出来ます。自社の金型設計技術を活かして絞り加工で量産加工に成功している世界でも数少ないプレス加工メーカです。絞り加工で生産すると「繋目の無い一体製造」が可能となる事が最大の特徴となります。

材料:SUS316L/304にて製作が可能

1段 フランジ付タイプ

曲げ型に比べ性能アップ間違いなし

高精度を実現する金型設計製造技術

高精度を実現する金型設計製造技術

弊社は1970年に創業した日本のプレス加工メーカーです。我々は約50年間の金型設計及びプレス絞り加工の経験があります。 金型設計はお客様の高度な要求にもこたえられる自社設備に合った金型の設計を、2次元CAD、3次元CADを使用して行っております。技術の蓄積の結果、特に難しい技術とされている深絞り加工が得意分野となり、その技術を使用した製品を製造しております。

Products: 順送プレス、トランスファープレスでの量産加工。 我々は主にを製造しています。
a.小型モータ部品  b.コネクタUSB部品  c.クラッチ関連部品

Domestic & Export: 我々はグローバルな展開を進めています。中国広東省の工場で金型設計およびプレス生産をしております。特に国際市場において、絞り加工でのUSBType Cシェルの加工はは特に高い評価を頂いております。

Our commitment (Policy):弊社ではどのような難しい形状でもチャレンジします。日々新たな製品を市場に提供しております。 日本国内及び国外からの引き合いについても同等な品質の製品を提供することをお約束いたします。