MIM(金属粉末射出成形)の中国調達

MIM(金属粉末射出成形)の中国調達

近年、情報機器、電子機器、医療機器をはじめとする製品の小型化・高性能化によって、部品の高精度化・複雑形状化の流れがますます進んでいます。弊社では複雑な形状の加工を実現できるメタルインジェクションモールドの中国調達をお手伝いいたします。メタルインジェクションモールドMIMとは粉末状の金属粉とバインダーを混ぜ合わせ、金型に射出することによって目的の形状の金属部品を作成する加工方法です。量産化に適したこの成型方で製品のコストダウン、新規部品の設計などにお役立ち出来ればと考えています。

機械加工すると高価な異形の穴もミムでは丸穴をあけるのと同じコストで成形できます。加工が困難な特殊なネジもMIMでの製造が有効です。安定した射出成形性、バランスよく混錬された原料(金属粉末+バインダー)により、焼結時の収縮が均一、等方的になされるため、高い精度の製品が製造できます。 複雑形状且つ、寸法制度の高い製品をメタルインジェクションは実現可能です。

流動性を持たせた原料を射出成型で金型に充鎮し製造しているため、複雑3次元形状の製品が要求される寸法に極めて近い形状で製造が可能

また高い粒子含有量を基礎とするため製法であるため、粒子は焼結による緻密化を助長する様微細且つ、球状に近い粉末が使用される。よって焼結後の相対密度が少なくとも95%以上となり、機械的特性は溶製材並を実現する。

MIM品はSUS630根元にカシメているプレス品はS60C材となります。 表面処理はクロム鍍金仕上げとなります。 MIM+プレス品のASSYなら弊社にお任せください。

海外調達のコストメリット

海外調達で金型費用50% 製品単価 40%も可能?!

海外調達のメリットはなんといっても低コストとなります。加工方法にもよりますが、プレス金型の分野では日本で製作の場合に比べて50%も価格がやすくなる場合があります。複雑なマシニング加工品に関しても40%以上のコストダウンに繋がった実績があります。設備投資が盛んな中国は最新の機械を使用できますし、ベトナムでは人件費の安さがウリです。我々はお客様の要求に備えて品質、コストのバランスを考えて最適な国および工場にて金属、樹脂加工品の製造をいたします。

部品の海外調達は『リスク』を感じられる方が多いかと思いますが、

日系企業である弊社にお任せいただくことで、下記のメリットがあります。

品質の問題

弊社が検査を行い品質保証いたしますので、不良品が日本に入るリスクが大幅に減る。

言葉の問題

お客様は日本にて日本語で打ち合わせが各種商談が可能です。

弊社の英語、中国語に堪能なスタッフが直接工場とやり取りを行います。

面倒な輸入手続きを排除

輸出時に必要な資料製作および乙仲業者とのやり取りはすべて弊社で承ります。お客様は日本国内にて納品をお待ちいただくのみとなります。