岐阜精器工業の歩み

1959年 波多野工業有限会社としてカメラ部品のプレス加工開始
1960年 岐阜工業株式会社として弱電機及びテープレコーダー部品の製品生産
1970年 岐阜精器工業設立 岐阜第一工場を建設
1986年 岐阜第二工場を設立、高速トランスファープレスを導入
1987年 ワイヤーカット放電加工機を導入、自社金型の生産精度の向上化
2000年 中国進出を模索
2002年 岐阜工場を閉鎖し生産拠点は中国に移管
2002年 5月 清遠市佛崗縣奄美工業園においてモーター部品の生産を開始
2002年 10月 岐阜精器(佛崗)五金制品有限公司として中国においての営業免許取得
2002年 12月 アマダ110tシングルプレスを日本より移管
アイダ110tトランスファープレス導入
2003年 1月 製品の大量生産に対応するため
アイダ45t FT-2トランスファープレスを日本より移管
2003年 10月 アイダ45t FT-2トランスファープレス、110tトランスファープレス
アイダ60t、アマダ35t順送用プレスを移管
2004年 3月 アイダ160tトランスファープレス、80t順送用プレス
金型メンテナンス用設備移管 検査測定器各種移管
2005年 10月 ISO9001-2000認証取得、さらなる品質管理の向上を図る
2006年 10月 アイダ110tトランスファープレス、110t順送用プレス
アマダ80t順送用プレス各1台を移管
2007年 7月 増産に伴い台湾製 80t 110tプレス機を導入
2008年 3月 ISO14001認証取得  品質管理体制を万全とする。
2009年 6月 HP開設 インターネットによる受注事業開始
2010年 3月 MIM調達支援事業開始
2014年 1月 USB コネクタ部品の研究開発を開始