岐阜精器工業株式会社

NEWS
ニュース

NEWS
ニュース

NEWS

ニュース

中国生産におけるコストメリット

中国のものづくりは非常に高いレベルで成長しており、一部のメーカーでは日本の技術力を越す企業も出てきています。今回は日本より安く、日本と同等の品質・サービスを受けることができる中国のものづくりについて詳しく紹介します。

 

 

日本に劣らない徹底的な品質管理(Quality)

中国のものづくり競争力での一番の関心ごとは『品質競争力』です。品質の不具合はコストへの直接影響を及ぼします。中国のものづくりと聞くと「安いけど日本製より質が劣る」とイメージする方も多いはずです。しかし、実際には日本に劣らない品質管理をしているため、日本で作られたものと相違ない仕上がりになります。

例えば、プレス加工の分野では金型設計能力から量産技術まで、日本企業の技術を上回る企業も出てきています、また、マシニング加工の分野では金型製作で培ってきた技術力、スマートフォン製作で築き上げた多くの実績があるのも事実です。このような実例を見ても、中国のものづくりがレベルアップしてきているのがよく分かります。

スマートフォン部品

 

世界工場とも呼ばれる中国

中国は今や「世界工場」と呼ばれるほど生産力のある国で、労働力の豊富さや様々な技術力が注目されています。少し前までは高品質なものづくりをするイメージのなかった中国ですが、多くの海外企業を中国へと誘致することで技術力を高めました。中国にたくさんの工場を設立し、海外の技術を取り入れながら現在でも発展を続けています。

工場が増えて技術力がアップしたことで、質の低い工場などが減っているのも事実です。最最近では「安かろう悪かろうなもの」よりも、「高品質でちょっと良いもの」が求められています。このような時代背景からしても、高品質なものを作れる中国を選ぶのには大きなメリットがあると考えられます。

材料の仕入高が日本より安い(Cost)

中国は材料の仕入高が安く、その分だけコストも低くなります。日本の製造原価より20~40%は安く作れるのも、中国でのものづくりが注目されている理由の1つです。中国の仕入高が安いのは、日本に比べて一度に仕入れる材料が多いからだと考えられます。

例えば樹脂を1kg購入する人と1000kg購入する人とでは、業者からすれば後者のお客さんの方がありがたいです。たくさん購入すれば1kgあたりの価格を安くする業者も多く、中国のように大量仕入れをしている場合は必然的に仕入高が安くなります。

輸送費が安くすむ

中国は世界で最も人口が多く、4番目に土地の大きい国としても有名です。人口の多さや土地の大きさを上手く活かし、技術力の向上だけでなくコストカットも実現しています。土地の広い中国は海に面した国でもあり海路・空路・陸路など、さまざまな方法で輸入出ができるのも大きなメリットです。日本とは距離が比較的近いため、輸送費を安くすませられるのもコストカットに繋がっています。遠く離れた国であれば輸送費も高くなり、それだけコストもアップしてしまいます。

ローコストオペレーションを実現

ローコストオペレーションを実現しているのも、中国のものづくりが低コストで行える理由の1つです。無駄な費用や時間を徹底的に減らし、決断力の早さで素早く必要な設備投資を行って製造にかかるコストを削減しています。

中国は人件費が安い?

日本より低コストだと言われている中国ですが、実は人件費はそれほど安くはありません。以前は人件費が現在よりも安かったため、より低コストで作れると言われていました。しかし、最近では中国でも人件費の高騰が続いているため、少し前よりはコストが高くなってきています。その分、設備投資に力を入れて技術力や品質がかなり向上しているため、トータルで見るとコストパフォーマンスはグッとアップしていると考えられます。

中国でも高い納期遵守率を実現(Delivery)

納期に関しては問題視されることも多いですが、最近では日程に余裕を持たせて発注したり事前に書面等での契約書を交わしたりして納期の遅れを防止しています。また、日本と同じようなスピード感で納品してくれる企業も増えてきているため、早めに納品してほしい方にもおすすめです。中国の企業の中には高い納期遵守率を実現しているところもあり、国内で製造するのと相違ないスピード感で忠実に納品してくれるケースもあります。

日本では作業を進めながらこまめに状況を確認するのが一般的ですが、中国では仕上がるまで干渉せずに進めていくケースが多いです。そのため、納期に対して不安を覚える方もいますが、無駄なやり取りがないため早く仕上がる場合もあります。

海外調達の際は材料不足や輸入の関係で納期が遅れる可能性もあるため、納期を明確に示した上で余裕を持ってやり取りするのが需要です。

中国生産にはリスクも伴う

中国のものづくりにはメリットがたくさんある一方で、実はデメリットやリスクがあるのも事実です。例えば輸入したものが満足のいく仕上がりではなかった場合、海外輸入となると再度輸入が必要となり時間も経費もかかります。

また、信頼関係がなければ高品質を維持するのも難しいでしょう。しっかりとしたサプライヤーを見つけられなければ、余計な時間や資金がかかってしまい中国を選ぶ意味がなくなってしまいます。だからこそ、海外調達をする際は真剣に相手企業と向き合って優秀なサプライヤーを探すことが非常に重要です。

中国での部品調達について

岐阜精器工業は数多くの中国企業と取り引きを行い、長い年月をかけて協力会社を増やしてきました。中国企業と信頼を築いてきたからこそ、日本の工場と何ら変わらない取引条件で、良質な部品の調達をすることが可能です。

弊社は、精度・品質レベルの高い中国の製造工場との取引、部品加工をサポートします。
中国での機械加工、マシニング加工なら、是非ご相談ください。

 

 

 

岐阜精器工業の海外調達について

 

 


金属加工なら岐阜精器工業。創業50年の実績と豊富な経験により高精度でスピーディーに対応!1970年の創業から金属プレス加工、金型設計・製作、部品加工を行う企業です。長年培った技術を活かした『提案力』を武器にお客様の製品開発をサポートさせていただいております。

岐阜精器工業

TECH-JOURNEY

金属・樹脂加工の海外調達、コストダウンなら