岐阜精器工業株式会社

NEWS
ニュース

NEWS
ニュース

NEWS

ニュース

ADC材料の切削加工

ADC材料の切削加工について

 

ADC材料

 

ADC材料の特長

 

ADC材料は、一般的にアルミニウム、銅、鋼、亜鉛などの合金から成ります。これらの材料は、ダイカストプロセス中に溶かされ、金型に注入されます。冷却後、金型から取り出され、形状やデザインに応じて加工や仕上げが行われます。ADC材料の主な特徴は次のとおりです。

 

軽量性

ADCは、アルミニウムの優れた軽量性を活かしています。そのため、自動車部品などの重量を軽くする必要がある場所で広く使用されています。

 

耐久性

ADCは、強度と耐久性に優れています。これにより、部品が高い負荷や振動にさらされる状況でも、優れたパフォーマンスを発揮することができます。

 

導熱性

ADCは熱を効率的に伝導する能力があります。この特性は、熱を発生する部品や熱を効果的に放熱する必要のあるアプリケーションで重要です。

 

導電性

ADC材料は電気の導電性に優れています。そのため、電子機器などの導電性が求められる部品に広く使用されています。

 

加工性

ADCはダイカストプロセスによって製造されるため、複雑な形状やデザインを持つ部品を効率的に作成することができます。

 

良好な表面仕上げ

ADC材料は、塗装やメッキなどの表面処理に適しています。これにより、部品の外観を改善し、耐久性や耐食性を向上させることができます。

 

ADC材料の切削加工について

 

 

ADCは、比較的脆い材料であり、加工中に割れたり欠けたりする可能性があります。また、ADCの特性である軽量性や導熱性が失われる可能性もあります。またADC材料の市場性も少なく切削材料として入手するのも容易ではありません。弊社はADC材料の切削加工は従来から対応しており、加工ノウハウがございます。ADCの切削加工は弊社にお任せください。

 

岐阜精器工業について

 

 

弊社では、創業50年の金属加工の技術・知識および協力ネットワークを活かし、精密部品を中心とした部品加工を行っております。電子部品、医療機器、自動車部品、アウトドアグッズ、化粧品ケース、航空宇宙関連など様々な業種の部品加工に対応しており、金属加工品の生産・調達をトータルサポート致します。深絞り加工・プレス加工・金型製作・板金加工・切削加工・MIM等、あらゆる精密部品加工に対応しております。弊社は「純銅の加工」についても多くの製作実績がございます。図面を拝見させていただければ、お客様の品質向上・コストメリットを第一に考え、どの加工方法が最適かご提案致します。弊社は中国自社工場にとどまらず、国内外幅広い加工ネットワークを築いております。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽にご相談ください。

 


 

 

プレス加工・深絞り加工・金型

 

 

TECH-JOURNEY

金属・樹脂加工の海外調達、コストダウンなら