用途 焚火台
材料名 チタン
加工方法 板金プレス

 

チタンで製作した焚火台の特徴

 

チタンは非常に耐久性があります。高い強度を持ちながらも軽量で、耐久性があるため、長期間使っても錆びにくく、変形しにくいという特徴があります。また、高温にも耐えることができるので、焚火の熱にも強く、安全性が高いです。

さらに、チタンは腐食や化学的な薬品にも強いため、屋外で使う際に頻繁に接するであろう環境要因からも守られます。このような特性から、チタン製の焚火台は頑丈で長持ちし、アウトドア活動やキャンプなどの環境に適しています。

 

チタンの優れた特性

 

 

1. 軽量かつ強靭 

チタンは非常に強く、同時に非常に軽量です。その強度は鋼鉄に匹敵するほどでありながら、銅の半分ほどの重さしかありません。そのため、航空機や宇宙船などの高度な技術を必要とする場所で広く使用されています。

 

2. 耐食性

チタンは錆びにくく、腐食しにくい素材です。これは、海水や化学物質に対しても強い耐性を持っていることを意味します。そのため、海洋機器や化学工業などの分野でも重宝されています。

 

3. 生体適合性

チタンは生体組織と親和性が高く、人工関節や歯科インプラントなどの医療機器にも使われています。身体に対して安全で、生体内での反応が少ない素材として注目されています。

 

4. 高温耐性

チタンは高温にも強い素材です。これは、航空機のジェットエンジンなどの高温環境で使用される理由の1つです。焚火台のような高温の状況にも適しています。

 

5. 環境にやさしい

チタンの製造はエネルギーを消費しますが、そのリサイクル可能性が高いため、環境に優しい素材と言えます。長期的な視点から見れば、持続可能な素材の一つです。

 

 

 

 

 

プレス加工・深絞り加工・金型

 

 

TECH-JOURNEY

金属・樹脂加工の海外調達、コストダウンなら