岐阜精器工業株式会社

NEWS
ニュース

NEWS
ニュース

NEWS

ニュース

金型製作時に注意すべきこと

金型製作時に注意すべきこと

 

 

設計の検討

寸法精度: 製品の寸法精度や形状に応じて金型の設計を検討します。特に精密な部品を製造する場合は、微細な寸法や形状への対応が必要です。

冷却構造: 製品の形状や材料によって適切な冷却構造を考えます。均一な冷却が保証されることで、製品の品質や生産効率が向上します。

排気設計: 金型内の気泡やガスを排除するための適切な排気設計を行います。これにより、製品表面の質感や外観を向上させます。

 

材料の選定

耐摩耗性: 金型の耐摩耗性が重要です。製品の材料や製造工程に応じて、適切な耐摩耗性を持つ金型材料を選定します。

耐熱性: 高温での製品製造に適した金型材料を選びます。熱による変形や劣化を防ぐために重要です。

耐蝕性: 金型が接する材料や環境に応じて、耐蝕性が求められます。特に腐食性の高い材料との接触時には注意が必要です。

 

加工技術の選択

CNC加工: コンピュータ制御による精密加工が可能なCNC加工を活用します。形状や寸法の正確性を保証します。

熱処理: 金型の耐熱性や耐摩耗性を向上させるための熱処理を検討します。適切な硬度や耐久性を確保します。

表面処理: 金型表面の耐摩耗性や耐蝕性を向上させるための表面処理を検討します。クロムめっきや硬質化処理などが一般的です。

 

品質管理

寸法検査: 金型製作中に寸法検査を行い、設計通りの寸法精度が保たれているかを確認します。

材料検査: 使用する材料の品質を検査し、耐摩耗性や耐熱性などの性能が満たされているかを確認します。

試作品検査: 製造した試作品を検査し、製品の品質や寸法精度を評価します。問題があれば修正や再加工を行います。

 

岐阜精器工業の金型製作について

岐阜精器工業は、創業50周年を迎える企業です。長年にわたるノウハウと最先端の技術を活かし、高品質な製品をお届けしております。自社設計の金型を製作し、順送型・トランスファー型・単発型・コンパウンド型の製作が可能です。また、中国広東省の自社工場で製作し、価格を抑えた製品をお届けできます。豊富な経験と技術を活かし、お客様のニーズに柔軟に対応します。

 

 

プレス加工・深絞り加工・金型

 

 

TECH-JOURNEY

金属・樹脂加工の海外調達、コストダウンなら