岐阜精器が提供する板金加工について

試作から装置一式の多品種小ロットまで一貫対応 海外調達にて低コスト化を実現

板金加工とプレス加工は密接した関係を持ちます。大きな違いとして金型を用いるか否かがございます。プレス加工は高額な金型を使用して加工しますので小ロットには不向きですが、板金の場合タレパン、レーザー加工にて対応となり金型レスとなり1個からの対応が可能です。弊社は板金・レーザー・曲げ・ブラケット・夭折・塗装まで一貫して対応します。鉄、ステンレス、アルミなど様々な素材に対応。 試作品一つからスピード対応いたします。主に中国の提携企業での製作となりますが、試作から量産まで、日本品質とローカル低コストでご対応させていただきます!!

対応可能材料

冷間圧延鋼板(SPCC)板金加工材料の中で最も多く利用され流通性のよいのがこの冷間圧延鋼板(SPCC)です。弊社では主に厚み 0.5 ~ 3.2 ㎜の鉄板を加工しています。
ステンレス鋼板低炭素鋼にクロムまたはクロムとニッケルを加えたもので耐食性がすぐれています。ステンレス鋼板は軟鋼に比べて硬度、引っ張り強さが強く、熱伝導性はよくありません。主にSUS316L SUS304 を生産しています。
非鉄金属・非金属非鉄金属材料の中で板金材料として最も使われているのが銅、銅合金類、アルミニウムとアルミニウム合金です。その理由として、銅は機械的性質、耐食性に優れ、アルミニウムは非常に加工性のよく、軽い材料であることが挙げられます。

対応可能加工内容

溶接アルゴン溶接 スポット溶接 スタッド溶接 co2アーク溶接
鍍金・塗装ニッケルメッキ クロム鍍金 錫メッキ アルマイト処理 無電解ニッケルメッキ 
追加工タップ サンドブラスト バレル研磨 ヘアーライン
設備名 メーカー 台数 備考
タレットパンチ AMADA AE2510NT 1
タレットパンチ TILIFT HP1250 1
ブレーキ 3
アルゴン溶接機 3
スポット溶接機 2
スタッド溶接機 1
co2アーク溶接機 1
バリ取機械 1

岐阜精器『板金加工』実績

海外製造にて小ロット品を安価に製造できるのが弊社の最大の特徴です。

研究開発用の試作品小ロットから板金加工対応いたします。

弊社ではお客様の要望する数量やコストに合わせて最適な加工を方法にて製造をいたします。国内、海外にて製造が可能での納期、価格のご相談はお気軽にしてください。

板金加工/レーザー加工とは?

金属の板を切断したり曲げたりする加工方法となります。自動車業界、建築業界、家電製品など多くの場所で板金加工を使用しています。金型を必要としないのでイニシャル費用がかからないのが特徴です。生産数量としては試作品として1個から小ロット生産から1000個程度までがコストメリットがでると考えられています。それ以上の場合はプレス金型を製作した方が安い場合があります。

加工機 工程 おおよその生産量 メリット/デメリット
タレットパンチ(NCT) 外形抜き 月産1000 型がないため、設計変更に対応できる
簡易成形 企画生産量が減少した場合でも損失が少ない
レーザー切断 外形/抜き 急な大量生産(1日1000個など)に弱い
ベンダー 曲げ絞り(仮型) 数量が増えても大幅なコストダウンができない
タレットパンチ

タレットパンチ

レーザー抜き

レーザー抜き